太陽光発電の投資を始める前に知っておきたいこと | 太陽光発電の投資日記

menu

太陽光発電の投資を始める前に知っておきたいこと

太陽光発電投資については、他の投資にはないメリットがあると共にデメリットもあるので、その両方をしっかりと把握しておく必要があります。
太陽光発電の投資におけるメリットのひとつは利回りの高さで、地域の日照時間や天気で完全な予測は不可能ですが、利回り10%なら10年で元を回収できるのです。
そうすれば電力会社の固定買い取り制度が20年で終了しても、また20年以降に売電金額が下がったとしても利回りは高いと考えられます。

この電力会社の固定買い取り制度というのもメリットのひとつで、20年間は同じ価格で電気を買取してくれるのでローリスクになるのです。
また国が20年という期間を約束していることから、銀行などの金融機関からソーラーローンといった形で太陽光発電で多額の融資を受けても返済のメドは立てやすくなります。
メリットの3つ目は節税制度が利用できるということで、中小企業等経営強化法により償却資産税が取得から3年間2分の1に軽減されるのです。
ただ節税や控除というと苦手意識を感じる方もいるでしょうが、設備投資をするには必要な知識なので、時間を見つけて勉強しておくのも良いでしょう。

一方太陽光発電の投資のデメリットのひとつは出力抑制があることで、電力を買取る側の電力会社が需要に対して電力の供給が多すぎる場合には、太陽光発電の売電を絞ることになるのです。
ただ現段階では起こる可能性が低いパターンと言えるので、太陽光発電の出力抑制に踏み切る可能性は考えにくいですし、大きなデメリットにはならないと言えます。
20年後はどうなるのかという問題をデメリットと捉える方もいますが、太陽光発電は最低でも2030年まで増加すると考えられますし、固定価格買い取り期間が過ぎても電力会社が太陽光発電の買い取り停止する可能性は低いです。
デメリットの3つ目は天候の影響を受けることで、太陽がないと発電できないので大きなデメリットになるように感じます。
しかし、最近の太陽光パネルは最大出力が上がっているので、天候に左右される心配は軽減されているのです。

新着情報

太陽光発電を投資としておすすめ理由は?

太陽光発電を投資として考える場合には、どの程度の収支が見込めて、リスクはどれくらいあるのかは気になる点です。
また、他の投資と比較してどのような点が優れているのか、本当に投資としておすすめなのかは知りたい事柄と言えます。
投資の指標として重要なポイントになるのは利回りと収支で、土地を所有しているのかどうかで収支は変わりますが、土地を持っている場合なら利回り率は約14〜16%です。
また土地を所有していない場合は土地の坪単価などで異なりますが、利回り率は大体10〜12%程度と言われています。
このように他の投資と比較して太陽光発電への投資は利回りも高いですし、20年間確実に電気を買ってくれることも大きくて事業収支のブレがほとんどないのでおすすめと言えるのです。
太陽光発電を投資としておすすめ理由は? の続きを読む

太陽光発電への投資とソーラーパネルの寿命との関係

20年間の固定買取価格に支えられていることから、比較的安定した投資先として拡がりを見せている太陽光発電への投資ですが、一方でソーラーパネルなどの設備は20年間風雨にさらされるのです。
その為に太陽光発電への投資を考えるにあたって、ソーラーパネルの耐用年数や寿命というのも気になることで、こうした経年劣化とどう向き合うかを考えることも大切になります。
太陽光発電への投資とソーラーパネルの寿命との関係 の続きを読む

太陽光発電のローンは金利面で優遇されている?

太陽光発電への投資を始める方にとって大きな壁になるのが多額の初期費用がかかることで、その為に躊躇してしまうケースもあります。
しかし、太陽光発電への投資はローンが組みやすい投資先のひとつで、多くの方がローンを活用して太陽光発電投資を始めているのです。
それでもローンで太陽光発電を導入するといった選択肢は有りなのかと迷う方もいることでしょう。
太陽光発電のローンは金利面で優遇されている? の続きを読む

太陽光発電への投資を始めるのならローンがおすすめ

太陽光発電への投資はある程度収入が安定しているのですが、その反面で多額の初期費用がかかるため、投資を始める方にとって大きな壁になるのです。
しかし太陽光発電への投資は、あまり知られていませんがローンが組みやすい投資先のひとつで、実際に太陽光発電投資を始めた人の多くがローンを活用しています。
実は、太陽光発電投資は比較的安定した投資商材でローンを借りやすい投資商材なのです。
太陽光発電への投資を始めるのならローンがおすすめ の続きを読む

売電価格の低下は必然でも太陽光発電への投資は減らない?

太陽光発電への投資が今後どうなるのか、これから投資をしても損することはないのかなど、様々な疑問や不安を感じている方も少なくありません。
国として太陽光発電の普及のために、国が定めた売電価格で電力会社が買い取らなければならないという法律の固定価格買取制度を導入しているのです。
しかし、固定価格買取制度によって太陽光発電は、多くの一般家庭や企業などに広く普及したけれども、毎年固定価格買取制度で国が定める売電価格も下がり続けています。
このように収益をあげる売電の価格が毎年下がり続けていることから、先に触れたような疑問や不安を感じてしまうのです。
売電価格の低下は必然でも太陽光発電への投資は減らない? の続きを読む