太陽光発電のローンは金利面で優遇されている? | 太陽光発電の投資日記

menu

太陽光発電のローンは金利面で優遇されている?

HOME » 太陽光発電投資 » 太陽光発電のローンは金利面で優遇されている?

太陽光発電への投資を始める方にとって大きな壁になるのが多額の初期費用がかかることで、その為に躊躇してしまうケースもあります。
しかし、太陽光発電への投資はローンが組みやすい投資先のひとつで、多くの方がローンを活用して太陽光発電投資を始めているのです。
それでもローンで太陽光発電を導入するといった選択肢は有りなのかと迷う方もいることでしょう。

一般的に太陽光発電のローンは、販売業者が提携している信販会社のソーラーローンになりますが、比較的安定した投資商材なので審査に通りやすいといった特徴があるのです。
また取り扱う太陽光発電販売業者で金利などの条件は異なりますが、金利面で優遇されているのでおすすめします。
一般的に信販会社で利用されるソーラーローンの金利は、長期プライムレートに連動していて、具体的には長期プライムレートに1.5%をプラスした数字が金利になるのです。
その為、かなり低い金利となるのですが、これは異次元緩和という政策で意図的に金利が低く抑えられているためで、ソーラーローンは自動車のローンのように優遇金利で借り入れすることができます。
ですから、先のローンで太陽光発電を導入するといった選択肢は有りなのかという疑問の答えはありといえるのです。

ただ信販会社だと条件は横並びですが、銀行などの金融機関のローンを利用すると有利な条件でローンを利用することもできる可能性があります。
その為、金融機関ごとのソーラーローンをしっかりと比較して選択することが大切ですし、住宅ローンの借り換えのタイミングで太陽光発電を導入するのも良い選択になるともいえるのです。

かなり珍しいケースですが、こうした金融機関のローン以外にも地方自治体で融資制度を設けているケースがあります。
例えば、京都市あんぜん住宅改善資金融資制度エコリフォーム融資というのがあって、金利は0.5%と非常に魅力的です。
また京都市以外にも太陽光発電に対する特別な融資制度を実施している地域もあるので、地元の太陽光業者に地元ならではの融資制度の有無を一度確認してみると良いでしょう。