太陽光発電への投資信託のメリットとデメリット | 太陽光発電の投資日記

menu

太陽光発電への投資信託のメリットとデメリット

HOME » 太陽光発電投資 » 太陽光発電への投資信託のメリットとデメリット

太陽光発電の投資を考える時にネックになるのが初期費用の高額さですし、土地の所有や施工業者選びなどが問題になることもあります。
こうしたリスクを軽減できる方法のひとつが太陽光発電への投資信託で、太陽光発電投資を最も手軽に始められる方法と言えるのです。
ただ太陽光発電への投資信託もメリットばかりではなくてデメリットもあるので、両方をしっかりと理解して検討する必要があります。

太陽光発電への投資信託のメリットは少ない資金で投資が可能ということで、太陽光発電の投資信託なら1口10万円程度で出資できるケースが多いのです。
また太陽光発電への投資信託では売電収益が増えた場合には投資家にしっかりと分配されるので、リターンが大きくなる可能性が十分に考えられます。
それから太陽光発電への投資信託では目標分配率を5%以上にするケースが多いので、ローリスク・ローリターンの長期投資が実現できるので、これもメリットのひとつと言えるのです。
環境問題に貢献できるという点もメリットで、太陽光発電への投資信託に出資することで太陽光発電の増加につながって、分配金という経済的メリットと一緒に社会貢献ができる貴重な投資方法になります。

こうしたメリットがある一方で太陽光発電の投資信託にもデメリットやリスクがあって、そのひとつが日射量によって収益が左右されるということです。
天候で発電量が左右されるので売電収益は毎月変動するため配当額は一定ではありませんし、大規模災害や極端な異常気象で想定外の発電量の場合には元本割れする可能性もあります。
また地震や台風などの災害により太陽光発電の設備に大きなダメージが発生すると、復旧まで発電できなくなって減収になるのです。
ただ保険に加入していることが一般的なので、投資信託が加入する保険の内容について契約前にチェックしておくことも大切になります。
それから太陽光発電への投資信託は運用期間が1年〜20年で、運用期間中の中途解約で払い戻しされることは、ほとんど不可能ということがデメリットになることもあるのです。
ですから不安な時は運用期間の短期な太陽光発電の投資信託にするといいでしょう。