太陽光発電を投資としておすすめ理由は? | 太陽光発電の投資日記

menu

太陽光発電を投資としておすすめ理由は?

HOME » 太陽光発電投資 » 太陽光発電を投資としておすすめ理由は?

太陽光発電を投資として考える場合には、どの程度の収支が見込めて、リスクはどれくらいあるのかは気になる点です。
また、他の投資と比較してどのような点が優れているのか、本当に投資としておすすめなのかは知りたい事柄と言えます。
投資の指標として重要なポイントになるのは利回りと収支で、土地を所有しているのかどうかで収支は変わりますが、土地を持っている場合なら利回り率は約14〜16%です。
また土地を所有していない場合は土地の坪単価などで異なりますが、利回り率は大体10〜12%程度と言われています。
このように他の投資と比較して太陽光発電への投資は利回りも高いですし、20年間確実に電気を買ってくれることも大きくて事業収支のブレがほとんどないのでおすすめと言えるのです。

それから、先にも触れましたが太陽光発電への投資は他の投資と比較してメリットがあるので、投資としておすすめできるのですが、同様に土地を有効活用する不動産投資と比較してどうなのでしょう。
ただ、すべてを同じ条件で比較するのは難しいので、あくまで一般的に言われていることです。
リスクを考えると、比較的安定した売電収入を得られる太陽光発電と、空室リスクが考えられる不動産とでは、リスクが少ない太陽光発電の方がメリットはあります。
入居者とのトラブルが多少発生する不動産と、故障などが起こる可能性はあっても修理することで解決できる太陽光発電では、長期的なトラブルの面でも太陽光発電の方が少ないです。

太陽光発電の利回りの幅は不動産投資ほど大きくないので、収支の比較では不動産投資の方が優勢ですが、太陽光発電への投資でも12〜14%程度はあるのでおすすめできます。
その他、投資の始めやすさの比較や維持管理費用の比較を見ても、太陽光発電への投資の方がメリットはあるか、同等と言えるので太陽光発電は投資としておすすめできるのです。
ただし、太陽光発電への投資も不動産投資と同じくリスクはあるので、メリットだけでなくデメリットやリスクもしっかりと考えて検討することが大切になります。