太陽光発電ファンドで気になるお金の流れ | 太陽光発電の投資日記

menu

太陽光発電ファンドで気になるお金の流れ

HOME » 太陽光発電投資 » 太陽光発電ファンドで気になるお金の流れ

他者から集めた資金を使って事業や投資を行うことをファンドと言って、主に企業などが投資ファンドを設立して投資家を募集します。
そして、その事業や投資で収益などが生まれると投資家へ分配されるといった仕組みになっているのです。
太陽光発電ファンドというのもあって、企業や自治体が運営者となってファンドを設立して、出資者を公募して太陽光発電投資を行います。

太陽光発電で資産運用をする投資信託と言えるもので、出資者がたくさん集まれば一人当たりの負担は少なくできますし、資産運用のプロに委託できるので安心です。
このように太陽光発電ファンドは、出資額の低さや用地を持っていなくても参加できるといった特徴があって、最も手軽に始められる太陽光発電投資の方法といえます。

太陽光発電投資は太陽光で発電した電気を電力会社に売って収益を得ますが、気になる太陽光発電ファンドのお金の流れはどうなっているのでしょう。
お金の流れで重要になるのが、太陽光発電所を運営する費用と電力会社に電気を売った収益の2つです。
投資家から出資されたお金はファンドに託され太陽光発電所の運用費用に使用されて、ファンドの太陽光発電で発電した電力は電力会社に買い取られ毎月売電収入が発生します。
そして売電収入はファンドが受け取って、メンテナンス費などの必要経費を引いた営業利益を、出資者の出資率に応じて分配金として分けられるのです。
この分配金の支払い頻度は1年に1回が一般的で、ファンドから出資者の口座に振り込まれます。

太陽光発電ファンドは、このようなお金の流れで運営されているのです。
ですから太陽光発電ファンドに出資する方法と手続きとしては、まずインターネットなどから太陽光発電ファンドを見つけて、気に入ったところに応募することからスタートします。
その為、ファンドの太陽光発電で得られる毎月売電収入と、メンテナンス費などの必要経費をしっかりとチェックして、営業利益が得られる太陽光発電ファンドを見つけることが大事になるのです。